自家焙煎珈琲ミールクラフト (mealcraft coffee roasters) は、越後妻有、
新潟県十日町市にオープンしたスペシャルティコーヒー豆の専門店です。
日本スペシャルティコーヒー協会
佐川急便 e-コレクト
ヤマト運輸 宅急便コレクト
ホーム | コーヒー豆を選ぶ > アフリカのコーヒーケニア「カラティナ・ファクトリー/バリチュコーヒー生産者組合」(250g袋入)
商品詳細

ケニア「カラティナ・ファクトリー/バリチュコーヒー生産者組合」(250g袋入)[フレンチロースト(深煎り)]

販売価格: 1,800円(税別)
(税込: 1,944円)
希望小売価格: 2,430円
この商品は軽減税率の対象です。
コーヒー豆: 1800円
豆・粉:
数量:  袋

【NEW CROP】お待たせ致しました!2020/2021ニュークロップが入荷致しました。

環境・生産者支援共に持続可能な生産を続けている優良ファクトリーから、往来のケニアフレーバーを感じる逸品が届きました。
カシスやレーズン、アプリコットなど円熟した果実の香味。円やかなコクに包まれたスパイス感がバランス良く、余韻はチョコレートのような甘みが続き、フレーバーにも力強さを感じます。絡み合う複雑な香味の変化もご堪能下さい。


カラティナ・ファクトリーは、ケニア山の南部ニエリ県マシラ郡のバリチュ地区に位置するファクトリーで、所属する1450名の小規模生産者がこのファクトリーを利用し、チェリーを納入しています。この地域は、コーヒー生産に適した豊富なミネラルと有機物を含んだ火山性の土壌に覆われており、年間を通して冷涼な気候の中で、コーヒーチェリーは時間を掛けてじっくりと養分を蓄え、収穫期を迎えます。チェリーはラガティ川からの清涼な水でプロセスを行い、アフリカンベッドで天日乾燥を施します。コーヒー生産を行う農家に対し、農業技術など教育体制を構える事もファクトリーの仕事の1つです。特に生産者の支援や環境・自然保護は彼らの大きなテーマとなっています。こうした彼らの1つ1つの仕事は、地域に暮らす生産者のコーヒーの収穫量や品質を高め、生産者自身の利益に結び付き、安定した収益や環境における持続可能なコーヒー生産を実現すると考えています。

商品詳細
原産国:ケニア共和国
地域:ニエリ・カウンティ マシラ
標高:約 1650m
品種:SL28,ルイル11,バティアン
精製方法:ウォッシュト(水洗式)
乾燥方法:天日乾燥 (アフリカンベッド)
クロップ年度:2020 - 2021
内容量:250g
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲商品詳細トップ