自家焙煎珈琲ミールクラフト (mealcraft coffee roasters) は、越後妻有、
新潟県十日町市にオープンしたスペシャルティコーヒー豆の専門店です。
日本スペシャルティコーヒー協会
佐川急便 e-コレクト
ヤマト運輸 宅急便コレクト
ホーム | コーヒー豆を選ぶ > アジア/太平洋のコーヒー《限定》東ティモール「ハヒマウ20・ドミンゴス」(500g袋入)
商品詳細

《限定》東ティモール「ハヒマウ20・ドミンゴス」(500g袋入)[ハイロースト(中浅煎り)]

販売価格: 2,400円(税別)
(税込: 2,592円)
希望小売価格: 4,320円
この商品は軽減税率の対象です。
コーヒー豆: 2400円
豆・粉:
数量:  袋

【春のスペシャルコーヒーセレクション2021】この春を彩るのに相応しい旬のコーヒーが《数量限定》で入荷致しました。

NGO「パルシック」支援のフェアトレードコーヒー。ハヒマウ村20世帯が丁寧な手作業で作るマイクロロットです。
蜂蜜のような甘みに青りんごやレモンを想わすクリーンな酸と程よいボディ。絶妙なバランスの綺麗な香味を浅めの焙煎で活かしました。

■有機JAS (オーガニック) 認証■ *1

フェアトレード支援団体NGO「パルシック」は、2002年より東ティモールでコーヒーを通じた支援を開始しました。パルシックの選んだマウベシ地域は、標高が高い山間部に位置し、日中の陽射しの強さに比べ朝晩の冷え込みが激しく、また年間降雨量も多く、優れたコーヒーが育つ条件に恵まれています。
マウベシコーヒー生産者協同組合(COCAMAU)が活動を始めた2002年は34世帯からスタートし、現在は約540世帯の組合員で組織されています。長く他国の支配下にあり、またインドネシア時代に誤った組合概念が浸透してしまった為、『組合(Cooperativa)』とは何であるかを理解するのに大変な時間がかかり、最初の10年間はまさに試行錯誤の繰り返しでした。
今回ご紹介するコーヒーは、COCAMAU傘下にあるハヒマウ集落20世帯を束ねるドミンゴス村長の名を冠したマイクロロット。とても綺麗なグリーンビーンズです。農作業には不利な土地柄のハンデを手作業による丁寧な精製で補っています。

※1 本銘柄の生豆は有機JASの認証を取得しておりますが、弊店の焙煎機は認証取得をしておりません為、正確には本商品は  有機JASの認証商品ではございません。予めご了承願います。



商品詳細
原産国:東ティモール民主共和国
地域:アイナロ県 マウベシ郡
標高:約 1300 - 1600m
品種:ティピカ,ハイブリッドチモール
精製方法:フルウォッシュト (水洗式)
収穫時期:7月 - 9月
クロップ年度:2020 - 2021
認証:有機JAS (オーガニック) 認証 *1
内容量:500g
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲商品詳細トップ