自家焙煎珈琲ミールクラフト (mealcraft coffee roasters) は、越後妻有、
新潟県十日町市にオープンしたスペシャルティコーヒー豆の専門店です。
宅急便コレクト【お届け時電子マネー払い】
ホーム | コーヒー豆を選ぶ > 中南米のコーヒー《限定》エルサルバドル「サンカエターノ農園 “パカマラ・コードブラック”」(250g袋入)
商品詳細

《限定》エルサルバドル「サンカエターノ農園 “パカマラ・コードブラック”」(250g袋入)[シティロースト(中煎り)]

販売価格: 1,700円 (税別)
コーヒー豆: 1700円
豆・粉:
数量:  袋

【春のスペシャルコーヒーセレクション2018】この春を彩るのに相応しい旬のコーヒーが《数量限定》で入荷致しました。

樹上でレーズンのように黒くなるまで完熟させて収穫・精製した【コードブラック】 製法。
ナチュラル精製でありながら非常にクリーンで、フルーティーな香味が穏やかにバランス良く楽しめます。パカマラ種ならではの上品な香味、やや深めの中煎りで黒糖のような甘みが加わり余韻には熟した果実やスパイス感が心地良く広がります。。


中米に位置するエルサルバドルは、日本の四国ほどの面積の小国ではありますが、多くの火山を有しており、肥沃な火山灰性の土壌と高い山々に恵まれた環境が高品質なコーヒー栽培に適しており、スペシャルティコーヒーの産地として注目を集めています。「サンカエターノ農園」は、国際品評会連続入賞の優良生産者「シベリア農園」の4代目農園主ラファエル氏が1986年に地元の生産者から購入した農園です。購入当時は荒れ果てていたため、ラファエル氏がすべて植え替え現在の状態に立て直しました。農園面積は7へクタールと小規模ですが、高い標高に位置しており高品質なチェリーが育つ環境をもっています。シベリア農園同様に先鋭的な精製方法に取り組み、個性豊かで上質なコーヒーを作り上げています。
【コードブラック】 とは、完熟チェリーを収穫せずに待ち、樹上で干しブドウのように黒くなってから丁寧に収穫し、天日乾燥させるという、ユニークな発想のナチュラル精製のひとつです。エルサルバドルで開発された高級品種「パカマラ」を用い、ナチュラル精製でありながらクリーンで綺麗な香味が魅力のコーヒーを作りました。大粒で繊細な香味のパカマラ種が醸し出すクリーンカップのコードブラック。どうぞお楽しみ下さい。

商品詳細
原産国:エルサルバドル共和国
地域:アワチャパン県 コンセプシオン・デ・アタコ
標高:約 1450m
品種:パカマラ
精製方法:ナチュラル (コードブラック)
クロップ年度:2016 - 2017
内容量:250g
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲商品詳細トップ