自家焙煎珈琲ミールクラフト (mealcraft coffee roasters) は、越後妻有、
新潟県十日町市にオープンしたスペシャルティコーヒー豆の専門店です。
宅急便コレクト【お届け時電子マネー払い】
ホーム | コーヒー豆を選ぶ > アジア/太平洋のコーヒー《限定》東ティモール「レテフォホ 〜アスイ・クライク エバディア17〜”オーガニック”」(250g袋入)
商品詳細

《限定》東ティモール「レテフォホ 〜アスイ・クライク エバディア17〜”オーガニック”」(250g袋入)[ハイロースト(中浅煎り)]

販売価格: 1,500円 (税別)
希望小売価格: 1,875円
コーヒー豆: 1500円
豆・粉:
数量:  袋

【NEW CROP】2016/2017 ニュークロップのオーガニックコーヒーが限定入荷致しました。

フェアトレード支援団体NGO『ピースウィンズジャパン(PWJ)』による生産者指導も今年で14年目。草原に囲まれた肥沃な土地の下栽培されたマイクロロットです。
産地の草原を彷彿させるような瑞々しく爽やかなハーブ感、ココアやナッツの様なコク、クリーンで甘みのある余韻が心地良く広がります。香味の個性を活かしたハイロースト(中浅煎り)に仕上げました。

■有機JAS (オーガニック) 認証■ *1

2003年から始まったフェアトレード支援団体NGO『ピースウィンズジャパン(PWJ)』によるコーヒー生産者支援も今年で14年目。僅か8世帯から始まった取組みも、今では404世帯近くにまで広がりました。
それまで東ティモールではコーヒーの”品質管理”という概念がなく、自然のまま木についている赤い実を摘み取り仲買人に売るだけでした。PWJは品質向上の為の栽培方法を指導し、生産者達にその技術を習得していってもらいました。こうした長年にわたる地道な積み重ねによって現場での意識改革を促し、品質の向上に努めてきました。
『アスイ・クライク』の意味は『肥沃な土地の下』。集落の標高が高く、周りは木が生い茂るといった感じよりも草原に囲まれた感じで、その為コーヒーの栽培は集落から少し下がった川の流れる土地で行われています。

※1 本銘柄の生豆は有機JASの認証を取得しておりますが、弊店の焙煎機は認証取得をしておりません為、正確には本商品は  有機JASの認証商品ではございません。予めご了承願います。


商品詳細
原産国:東ティモール民主共和国
地域:エルメラ県 レテフォホ
標高:約 1686m
品種:ティピカ
精製方法:フルウォッシュト (水洗式)
乾燥方法:天日乾燥
収穫時期:6月 - 9月
クロップ年度:2016 - 2017
認証:有機JAS (オーガニック) 認証 *1
内容量:250g
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲商品詳細トップ