自家焙煎珈琲ミールクラフト (mealcraft coffee roasters) は、越後妻有、
新潟県十日町市にオープンしたスペシャルティコーヒー豆の専門店です。
宅急便コレクト【お届け時電子マネー払い】
ホーム | コーヒー豆を選ぶ > アジア/太平洋のコーヒー【完売御礼】《限定》パプアニューギニア「マウントクボー・ハセン農園」(250g袋入)
商品詳細

【完売御礼】《限定》パプアニューギニア「マウントクボー・ハセン農園」(250g袋入)[ハイロースト(中浅煎り)]

販売価格: 1,700円 (税別)
希望小売価格: 2,125円
コーヒー: 1700円

【夏のスペシャルコーヒーセレクション2017】この夏を彩るのに相応しい旬のコーヒーが《数量限定》で入荷致しました。

『最後の楽園』とも言われるこの産地では、標高4000mの山脈からなるユニークな気候風土、宣教師より伝播された質の高い原種豆、そして丁寧な精製技術を学ぶ事で、高品質なスペシャルティコーヒーが作られるようになりました。
まろやかな優しい口当たり、クリーンカップでメープルシロップのような香味が長く続きます。滋味深く綺麗な甘味の余韻が親しみやすく、ほっと落ち着く味わいのコーヒーが楽しめます。


パプアニューギニアは4000m級の山々が連なる2つの山脈が並行し、島の東西に連なります。この2つの山脈に挟まれた高地のワギバレーと周囲の山岳地方は、オーストラリアによる植民地時代から コーヒー栽培が行われています。宣教師がもたらせたとされるティピカ種など、原種に近いコーヒーの樹が数多く、今も大切に育てられています。また、ニューギニア島中央部のハイランド地方は険しい山々の峰に阻まれてインフラの整備も厳しい複雑な地形の為、部落間交流も少なく、文化や教育、医療の発展も難しい状況でした。そうした村人の暮らしを支えてきたのがキリスト教の修道会です。古くから山間部の僻地に修道院と学校、病院を作り村の暮らしを支えてきました。
その内のひとつが今回ご紹介するこの「ハセン村」。周辺の山肌には森が広がり、コーヒーが植えられ、収穫の時には村のみんなで力を合わせ、コーヒーチェリーが手摘みされます。山からひかれた水で洗われコーヒーの生豆が作られていきます。ハセンコーヒーは、雲海の上の美しい村で修道院と共に暮らす村人により丁寧につくられた、まさに『森の恵みの自然のコーヒー』なのです。

商品詳細
原産国:パプアニューギニア独立国
地域:ジワカ州 ハセン
標高:約 1800m
品種:ティピカ,ブルボン
精製方法:ウォッシュト (水洗式)
乾燥方法:天日乾燥
収穫時期:2月 - 10月
クロップ年度:2016 - 2017
内容量:250g
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲商品詳細トップ