自家焙煎珈琲ミールクラフト (mealcraft coffee roasters) は、越後妻有、
新潟県十日町市にオープンしたスペシャルティコーヒー豆の専門店です。
宅急便コレクト【お届け時電子マネー払い】
ホーム | コーヒー豆を選ぶ > 中南米のコーヒーコスタリカ「モンテコペイ/エル・アルコン農園 ”レッドハニー”」(250g袋入)
商品詳細

コスタリカ「モンテコペイ/エル・アルコン農園 ”レッドハニー”」(250g袋入)[フルシティロースト(中深煎り)]

販売価格: 1,600円 (税別)
希望小売価格: 2,000円
コーヒー: 1600円
豆・粉:
数量:  袋

【NEW CROP】2015/2016 待望のハニープロセス”レッドハニー”が入荷致しました。

2014年COE国際品評会で念願の1位受賞!
注目のマイクロミルより、新しい精製処理 "ハニープロセス" の中でも 完熟チェリーの甘さを活かす為、脱果肉後ミューシレージ(粘液質)を除去せずに乾燥させる 稀少な『レッドハニー』をお届けします。
ジャスミンの花を想わす香り、口に含むとドライフルーツのような濃縮した果実やナッティな芳ばしさ、ボディのある甘味と余韻に熟した果実や赤ワインを想わす香味が印象的です。


中米コスタリカの中でも、特にスペシャルティコーヒー生産地として世界的に有名なタラス地区にあるエル・アルコン農園は、かつては大手の生産処理場にチェリーを納めていました。しかし彼らはより良いコーヒーを得る為に、自分達のコーヒーを自分の手で精製する事を選択しました。彼らの精製所「モンテコペイ」は非常に水が得にくい場所にあり、その事がミューシレージ (生豆の粘液質) を除去しない生産処理法”ハニープロセス”へのチャレンジの切っ掛けとなりました。それが功を奏し、そのコーヒーは独特のフローラルフレーバーを生み出し、2012年のCOE (カップ・オブ・エクセレンス=コーヒーの国際品評会のひとつ) では第4位、2014年では念願の第1位を受賞、以降3年連続入賞という堂々の結果を残しています。

本農園の完熟したチェリーのみを厳選したこのハニーコーヒーは、糖分を最大限含んだ完熟チェリーを収穫・精製する為、果肉自体が大変甘くハチミツを彷彿とさせます。今回はその完熟チェリーの甘さを活かす為、脱果肉後ミューシレージを除去せずに乾燥させる、稀少な『レッドハニー』精製を特別にお届け致します。コスタリカの香味の探求とも言える”ハニープロセス”を是非ご賞味下さい。

【「ハニープロセス」について】
「ハニープロセス」とは、収穫されたコーヒー生豆の精製処理の方法のひとつです。
ハニープロセスでは収穫されたコーヒーチェリーを、パルパー(果肉除去機)で果肉除去された後、醗酵行程をおかずに、ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で乾燥行程に入ります。この方法によって、ミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュトコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディをもったコーヒー豆が得られます。またこの方法では、果肉除去の行程で過熟豆、未熟豆を取り除くことが出来るというメリットもあります。
一方でミューシレージがついたままの乾燥方法は難しいといわれています。そこで多くの場合、遠心分離機でミューシレージを多少落としてから乾燥させる方法が主流ですが、本精製所では、ミューシレージを残したまま乾燥させており、完熟のコーヒーチェリーのもつ甘味が十分に引き出された香り高いコーヒーが精製されています。これは自前のウェットミル・乾燥場を持ち、丁寧な作業が隅々まで行き届く単一農園だからこそ出来る事なのです。

商品詳細
原産国:コスタリカ共和国
地域:サン・ホセ州 タラス
標高:約 1700 - 1950m
品種:カトゥーラ,ビジャロボス
精製方法:ハニープロセス (レッドハニー)
クロップ年度:2015 - 2016
内容量:250g
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲商品詳細トップ